iPhoneの画面を守る方法

iPhoneの画面は他のスマホ端末に比べると幾分壊れやすい、衝撃に弱いと言われています。
もちろん、iPhoneの型によっても多少この内容は異なってくるのですが、それでも地面などの固い場所に落とした際に画面部分が破損してしまうというケースは少なくないのです。

実際、appleの修理サービスを利用する人の何割かはこの画面故障、破損がその理由とされているのです。

iPhone6sのサイズといえばこちらです。

では、このiPhoneの画面破損を防ぐ方法は何かないのでしょうか。


今回お勧めしたいのが、破損防止用のフィルムを貼る方法、そして画面を保護する目的のカバーを装着する方法です。



前者のフィルムを貼る方法、これは特殊なフィルムを貼ることで外部からの刺激をうまく吸収し、画面が傷ついたり、ひび割れたりするのを防ぐことができます。
もちろん、その刺激にも限度というものがあるのですが、画面に何も施していないケースに比べるとその強度は格段に強くなります。

さらに、ケースを装着する方法、これは手帳型のケースなど、画面が外部に触れることのないタイプを使用することで、その効果をより高めることができます。

やはり、iPhoneを落とした場合でも、直接画面に刺激が伝わるのと、カバー越しに伝わるのとではそのダメージも大きく異なってきます。



より安全に、画面に傷をつけることなくiPhoneを使用していきたいという場合には、この二つの方法をうまく組み合わせて試していくといいでしょう。